2020年11月18日

2020年11月18日〜11月23日 Fellows

Fellows

202011fellows.jpg

河染波留可

小園きな
ZIZI
NaNaMe
haruci
ふくだあゆみ
岬ましろ
もりあいこ



2020/11/18(水)〜11/23(月)
12:00〜20:00(最終日は、18:00まで)
展示会場:[89]画廊 展示室3


Fellows 特設ページ
 https://www.monokuroism.com/fellows



【作家プロフィール】

河染波留可 (カワゾメハルカ)

関東在住。
企画展やグループ展で活動中。
主にアクリルガッシュ、アクリリックカラー、色鉛筆で制作しています。
とくにテーマなどはなく、描きたいものを描いています。
好きなモチーフを人物の周りにたくさん詰め込んで描くのが好きです。

instagram instagram.com/haruka_kawazome
twitter https://twitter.com/moo_oogu

 kawazome1.jpg

 kawazome2.jpg




(けい)

主に透明水彩を使用。
人や物事の儚さに焦点を当てて制作しています。
描かれた人物を通して日々感じることを表現できればいいなと思います。

twitter https://twitter.com/kei_riri

 kei1.jpg

 kei2.jpg




小園きな

大阪府出身 主に鉛筆を用い作品の制作を行う。

HP http://juuuuuni.web.fc2.com/

 kina1.jpg

 kina2.jpg

 kina3.jpg




ZIZI

大阪在住水彩画家。
関西を中心に展示会や創作イベントなどで活動中。
人の鬱々とした心と花の美しさを描く。

HP https://ziziandart.wixsite.com/zizi
Twitter https://twitter.com/zizitw

 zizi1.jpg

 zizi2.jpg




NaNaMe

主に関西を中心に神出鬼没に活動しています。
『尖った事を美しく、ストーリー性よりメッセージ性を強く』を大体のコンセプトに描いてます。
誰かにとってエモくてシャブい絵を描くことが目標です。

 naname1.jpg

 naname2.jpg

 naname3.jpg




haruci (はるし)

関西で活動中のイラストレーター。
主にデジタルで描画。
絵を通して物語を描いていきたいです。

HP http://haruci.web.fc2.com/

 haruci1.jpg

 haruci2.jpg

 haruci3.jpg




ふくだあゆみ

1990年 鳥取県生まれ
2011年 大阪総合デザイン専門学校 卒業

大阪在住
現在、印刷会社で働きながら制作をしています。
主にアクリル絵具、水彩を使用し
植物をモチーフに「自然と共存する暮らし」を描いています。

2019
サンガツオーバーフロウ(アトリエ三月/大阪)
POCO A POCO EXHIBITION7(ギャラリーゆめや/神戸)
2020
終わりのない旅路に 個展(アトリエ三月/大阪)

 fukuda1.jpg

 fukuda2.jpg

 fukuda3.jpg




岬ましろ

作家・グラフィックデザイナー
大阪府在住
アパレル系メーカーの企画デザイナー、OSCD/CA学科の教員を経て
2017年よりフリーランスに転向

墨とアクリルを愛用し、人物画(少女)を中心に作品を制作。
最近は常世の國をテーマに、キャラクター性の強い作品を描く。
主に関西・東京を中心に展覧会・イベントに出展

年数回、展覧会に参加。個展は毎年開催しています。
イベント企画や展覧会関係の企画運営を主催していたり、グラフィックデザイナーとしてなど、幅広く活動しています。

作家活動と平行しながら、人と人をつなげる場を創ることを目指しています。

WEB http://monokuroism.com/
Twitter https://twitter.com/mmasiro03

 mashiro1.jpg

 mashiro2.jpg

 mashiro3.jpg




もりあいこ

京都府在住
2013年より作家としての活動を始める

人や動物が穏やかに暮らす様子を介し
「やさしさやあたたかさを伝えること」をテーマとして制作
幼い頃に母が読み聞かせてくれた絵本が原点となっており
人それぞれが持つ“想像ではあるけれど、確かに存在するもの”に惹かれる

twitter https://twitter.com/aiko_019

 mori1.jpg

 mori2.jpg















posted by イロリムラ irorimura at 00:00| 2020年11月