2020年12月18日

2020年12月18日〜12月20日 書 BEER Osaka

書 BEER Osaka
「融合」 ひとつにとけあう

202012beer.jpg

萱 のり子、小林 真由香、北田 創、藤井 美和子
富川 展行、櫻井 佑美、笹見 ゆかり、五十井 玲衣




2020/12/18(金)〜12/20(日)
12:00〜19:00(最終日は、17:00まで)
展示会場:[89]画廊 展示室1・2・3


大阪教育大学萱研究室卒業生を中心とする書BEER(Beauty,Expression,Education,Recreation)展。
“BEERのこころ”(=「あちこちに美を見いだして、表現の可能性を探り、お互いにその芽を育みたい。
一人ひとり楽しみながら取り組んで、新しい明日を創っていこう。」)を胸に日々 “書”と向き合うメンバー達による厳しくも楽しいグループ展です。
BEER展は「作品展示」と「エデュケーション」の2本の柱で構成しています。

■作品展示
 第1回展から続けて制作してきましたカレンダー作品。
今回のテーマである−「融合」ひとつにとけあう− は今年開催予定だった東京オリンピックから着想を得ました。
オリンピックは様々な国と地域から人々が集まり、スポーツや文化を通して世界がひとつになるイベントであることからテーマを決定しました。
そこで今回のカレンダー作品のテーマを“六大陸”とし、「融合」をテーマとした個人作品も合わせて発表します。

■エデュケーション(授業実践報告)
 今回のエデュケーションでは、現在我々がおかれている状況を前向きに捉え、「今年だからこそ生まれた授業」をテーマに授業を行い、授業実践を発表します。
今回も視覚的な展示を目指すというコンセプトを持ち、生徒作品の展示も行います。























posted by イロリムラ irorimura at 00:00| 2020年12月