2020年03月04日

2020年3月4日〜3月9日 雑ナ家 Vol.6

雑ナ家 Vol.6

202003zatunaie2.jpg

木村 智博
松野 和貴
岡田 大貴
田村 知視



2020/ 3/ 4(水)〜 3/ 8(日)
12:00〜18:00
展示会場:[89]画廊 展示室1


『雑ナ家 Vol.6』は雑多な家をテーマに、
様々な分野で活躍する4人の作家の作品を展示します。
是非、ご高覧頂ければ幸いです。


【作家プロフィール】

木村 智博

主に女性や天使などをテーマに、デジタルとアナログをやり取りしながら作品を制作しています。
TOSHIBA dynabook KIRA キャンペーン用イラストレーション制作。
CLIP STUDIO PAINT公式サイトのアートギャラリーで作品紹介等。
・受賞歴
2003 文化庁メディア芸術祭 5点の組作品で審査委員会推選作品に選出。
2015 神戸ビエンナーレ2015 コミックイラスト国際コンペティション/審査員特別賞。等
http://kimura421.com/

 kimura_1.jpg

 kimura_2.jpg



松野 和貴

兵庫県出身 1980年生まれ。
透明水彩とペンを使って、ダークすぎず、メルヘンすぎないファンタジーな世界を描いています。
コンセプトは「あったらいいな」
書籍、広告、イベント用のイラストや、絵本を中心に活動中。
壁画や展覧会出展、ワークショップも手がけます。
website: http://k-m-wonderland.com

 matsuno_1.jpg

 matsuno_2.jpg



岡田 大貴

兵庫県出身。主にアクリルを使って人物を中心に制作しています。

 okada.jpg



田村 知視

1977年生まれ。
綺麗なもの可愛いものをテーマに水彩や時にはフェルトで制作しています。

 tamura.jpg



【展示風景】
1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg
posted by イロリムラ irorimura at 00:00| 2020年3月

2020年3月4日〜3月9日 花ト呼吸

花ト呼吸
ruruka 初個展

202003ruruka.jpg


2020/ 3/ 4(水)〜 3/ 9(月)
12:00〜19:00(最終日は、18:00まで)
展示会場:[89]画廊 展示室2


スタンプラリー開催。
アトリエ三月(夢のなか、から)とイロリムラ(花ト呼吸)にて開催いたします。
日時:2020年3月6日(金)〜3月9日(月) 15:00〜19:00


【作家プロフィール】

ruruka
 主に透明水彩を使用しています。
 少女たちが自然(花など)に囲まれながら心の中から溢れてくる
 様々な感情の中で生きている姿を繊細に描き、空想的な世界観を意識しています。

 ruruka1.jpg

 ruruka2.jpg

 ruruka3.jpg

 ruruka4.jpg



【展示風景】
1.jpg


2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

7.jpg

6.jpg
posted by イロリムラ irorimura at 00:00| 2020年3月

2020年3月4日〜3月9日 ほぼフィルム写真展 「FUN」

ほぼフィルム写真展 「FUN」

202003hobo.jpg


2020/ 3/ 4(水)〜 3/ 9(月)
12:00〜19:00(最終日は、18:00まで)
展示会場:89α、cref


【展示風景】
1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg
posted by イロリムラ irorimura at 00:00| 2020年3月

2020年03月18日

2020年3月18日〜3月23日 ひとと ひとと ひとの あい間 ゆ間にすむ

ひとと ひとと ひとの あい間 ゆ間にすむ

202003hitoto.jpg

葦田不見
airi maeyama



2020/ 3/18(水)〜 3/23(月)
12:00〜20:00(最終日は、18:00まで)
展示会場:cref


線たちはもう一度、絵と詩のあいまに
絵でも詩でもなかったころの夢を見る。


【作家プロフィール】

葦田不見(あしだみず)
 詩人。また、小説、エッセイも手がける。
 大阪在住。
 2019年12月、作品集を出版予定。

(作家ステートメント)
ぽっかり空いた穴って、こわい。塗りつぶしたり、縫い合わせたり、ぼくたちはつい埋めてしまおうとする。でもべつに、ぼこぼこのままでもよかったはずだ。いつもナニカを探してしまう虚ろな目を、一度、閉ざしてみたい。そうして劈かれた目が見出すものを、信じてみたい。

 Twitter @ashida_water
 Instagram @ashida.water

 ashida1.jpg

 ashida2.jpg

 ashida3.jpg



airi maeyama
 画家、イラストレーター。
 福岡出身、大阪在住。
 2013年より福岡、大阪、東京にて定期的な個展開催を中心にイベント参加などで活動中。

(作家ステートメント)
線画を主とし、独自の「言葉では言い表し難い、曖昧な感情や世界観」にフォーカスを当て表現しています。
モチーフとして人体、昆虫、植物などを多く描いており、折り重なり混ざり合った、夢の中のようなアンダーグラウンドな作風が特徴的です。

 Twitter @mal_mellow
 Instagram @airi_maeyama

 maeyama1.jpg

 maeyama2.jpg

 maeyama3.jpg



【展示風景】
1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg
posted by イロリムラ irorimura at 00:00| 2020年3月

2020年03月20日

2020年3月20日〜3月21日 劇団SF怪文所SEASON1

劇団SF怪文所 SEASON1
身体を抜けた魂に関する怪文

202003sf2.jpg

公演日時
 3/20(金) 13:00/16:00/19:00
 3/21(土) 13:00/16:00/19:00
 ※開場は開演の30分前
 ※上演時間:約80分(途中入退場不可)

料金
 前売900円
 当日1000円
 ペア割(2人同時予約)800円/1人

会場
 イロリムラ プチホール

予約URL
 https://ticket.corich.jp/apply/104848/

公式twitter
 https://twitter.com/SF_gekidan/
 ユーザー名@ SF_gekidan

お問い合わせ
 Mail:sf.kaibunsyo@gmail.com















posted by イロリムラ irorimura at 00:00| 2020年3月